ワキガの原因って何?臭い対策は?

汗をかく時期になると気になり出すのがワキガの問題です。

 

春を過ぎるとそろそろ憂うつ・・・という人は、今年こそしっかり悩みを解決したいと思いませんか?まずはワキガの原因からおさらいしてみましょう。

 

 

・ワキの汗にニオイはない!?

ワキにかく汗だけに限りませんが、人間の身体から出て来る汗自体には何のニオイもありません。

 

嫌な臭いが出るのは、汗に含まれる皮脂が酸化したり、細菌によって成分が分解されたりするためです。だから汗をかいてもすぐに拭き取ってしまえば、ニオイが出る前に止めることが出来ます。

 

ただし、ワキはとても汗をかきやすい場所ですし、汗をかくたびイチイチ拭き取れるような場所でもありません。人前でワキ汗を拭く・・・想像しただけでもマナー違反ですよね。

 

でも、ワキにかく汗は目立ちやすいためにいつでも大量に汗をかいているイメージがありますが、実は全身にかく汗のうち1%程度の量でしかないのです。

 

汗をかくことは体温を調整するために必要なシステムですが、たったの1%程度ならワキ汗を制汗しても、特に体温調整に不具合が出るようなこともありません。だからニオイを抑制するなら、汗を拭き取るよりも制汗してしまったほうが手堅いということになります。

 

・ワキ汗の量を抑えたい

汗そのものの量を抑制するためには、制汗のための医薬部外品を選ぶと良い結果になります。

 

いろいろな種類がありますが、最近では汗腺を変性させることで汗そのものの分泌を抑制するものが主流です。重度な多汗症なら別ですが、一般的な状態なら汗を止めてしまうことも出来るでしょう。

 

・ニオイを抑えたい

ニオイが出るのは細菌のせい、ということは、まず殺菌力のある制汗剤を選びましょう。
直塗りタイプが効果大で、持続性も高くおすすめです。

 

ただし、実はそれほどニオイがないのに、気にして殺菌しすぎてしまうと、善玉菌まで殺してしまってかえってニオイが強くなってしまう場合もあります。

 

過剰なケアは逆効果ということですね。

 

市販のスプレーより効果的なワキガ対策クリーム

 

ワキガ対策には、いわゆる市販されている制汗スプレーよりも断然効果的なのがワキガ対策クリームです。何がそんなに違うのか、ちょっと調べてみましょう。

 

 

・持続性

ワキガのニオイが発生しないように抑制するには、何を置いても持続力がなければいけません。

 

朝から晩までずっとしっかり強固にガードしてくれる存在でなければ脇の下を任せるわけにはいかないのです。制汗スプレーの場合は、そのほとんどが軽い汗止めだったりニオイを緩和させる程度のものです。

 

エクリン腺から出る汗の汗臭さを軽減させるだけであれば問題ありませんが、アポクリン腺から出る汗を抑制しようと思ったら、やはりそれなりに強力な持続力が必要です。

 

ワキガ対策クリームは、ワキガ臭を専門に研究して確実にニオイを抑制し続けるための強い効果を持っています。ワキガ体質の人でも、シャワーを浴びた直後から臭うという人は一人もいません。

 

つまりは、シャワーを浴びてスッキリした後の爽やかな状態をいつまで保たせることが出来るかが鍵。ワキガ対策クリームなら、それを可能にしてくれるわけです。

 

・その場に留まる吸着性

制汗スプレーは表面上にかけるだけなので、制汗成分は汗をかけばすぐに流れ落ちてしまいます。
場合によっては全部衣服について肝心の肌にはほとんど残らないような場合もあります。

 

ワキガ対策の人におすすめするのは、間違いなく散布するスプレータイプではなく、クリームタイプです。ローションタイプもありますが、その場にしっかり留まって長い時間効果を発揮してくれるのはクリームです。

 

ずっと留まって強い効果を発揮し続けてくれるからですね。

 

実際に、ワキガ体質の人が実験してみたところ、スプレータイプの場合は1時間も保たなかったという結果も出ています。さすがに塗って1時間では、仕事に行くにも仕事場に着いた瞬間に塗り直さなければいけないことになります。

 

もともとニオイが薄い人ならまだしも、コスト面から考えても合いませんね。

 

簡単にまとめると・・・

市販の制汗スプレーではワキガ対策は厳しい…

強力な持続力のある消臭クリームがベスト

ワキガ対策クリームなら朝塗るだけで1日中キープできる!

 

 

↓持続力が高いワキガの臭い対策ならコレ!

 

ワキガ対策クリーム一覧!

 

殺菌しながら脇汗も止める医薬部外品のクリーム

CLEANEO(クリアネオ)は殺菌成分と制汗成分を同時に配合しているので、ワキガ対策や脇汗対策や足の臭い対策にも使える医薬部外品のクリーム。ワキガの原因菌を殺菌しつつ、柿渋エキスも入っているから消臭効果は抜群。朝塗って夜までキープできます。もちろん無添加の国産なので安心して使えます。

価格

通常1本(25g):5,980円(税込)
定期1本(25g):4,980円(税込)

主な成分 イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛、柿渋エキス、セージエキス、シャクヤクエキス、アマチャエキス、ユキノシタエキス、海藻エキス、ドクダミエキス
 

ワキガも脇汗も同時ケア!99.9%殺菌の優れもの

NOANDE(ノアンデ)は2大有効成分配合でワキガも脇汗の対策も1つでできてしまう国産の医薬部外品のワキガ対策クリーム。ワキガの原因菌の殺菌率は99.9%!汗に強い構造になっているので朝塗って夜まで効果が持続。無香料・無着色の無添加なので敏感肌の方でも安心して利用できます。1日続くキープ力がこの商品のウリです。

価格

通常1本(30g):9,288円(税込)
定期1本(30g):5,356円(税込)

主な成分 イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛、柿タンニン、ワレモコウ、ヨクイニン、シャクヤク、緑茶エキスなど
 

2大薬用成分+21種類の植物成分を配合

ラポマインはモンドセレクションでも銀賞を受賞した医薬部外品のワキガ対策クリーム。2大有効成分に加えて柿渋エキスなど21種類もの天然成分も配合されています。脇を乾燥させないで保湿を重視して作られているのがこの商品のポイント。今ならラポマインサプリメントもプレゼント中でお得です。

価格

通常1本(24g):9,244円(税込)
定期1本(24g):6,156円(税込)

主な成分 イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛、柿渋エキス、シナノギエキス、オウバクエキス、オトギリソウ、ローマカモミラ、カミツレエキス、ヤグルマギクエキス、トウキンセンカエキス、イソフラボンなど

ワキガ対策クリームを選ぶポイント

ワキガ対策クリームなら、別にどれでも変わらないような気がするかもしれません。

 

確かに効果が一番ですから、効き目が強くて配合されている成分さえ自分で納得出来れば問題ないとも言えますが、それ以外の特徴についてもチェックしておくと、より快適に使えるアイテムに出会えます。良いものは使い心地も効果も良いですから、選ぶ時には是非以下の3つのポイントについて知っておきましょう。

 

 

殺菌力

当然ながらワキガ対策をするにはまず雑菌対策が必要ですから、殺菌力が優れたものである必要があります。どんな殺菌成分が配合されているかは、最初にチェックしましょう。

 

もし人間の肌に常在菌が一切いなければニオイが発生することもないわけですが、それは現実問題無理なので、少しでも菌の数を減らしておくことが大事です。

 

ちなみに常在菌の中には古い角質を食べてキレイにしてくれる善玉菌もいますから、菌すべてが悪者というわけではありません。

 

制汗力

汗をかかなければ雑菌が分解することもないというわけで、汗を大量にかかないように調整するのが制汗力です。脇の下にかく汗だけで体温調整を大きく左右するようなことはありませんから、エクリン腺からの汗もアポクリン腺からの汗も汗は抑制してしまえば良いのです。

 

特にワキガ体質の人は、アポクリン腺がある部分だけでも汗をかかないように抑制してしまえば、ワキガのニオイを出さないことが出来ます。

 

保湿力

実はあまり知られていませんが、保湿力はワキガのニオイを抑制するとても大きなポイントです。

 

それは何故かというと、ワキガのニオイを作る原因になる皮脂は、肌が乾燥した時に大量に分泌されるものだからです。つまり、脇の下をしっかり保湿しておけば、皮膚が皮脂を大量に分泌することもなく、ワキガ臭をかなり抑えることが出来るということなのです。

 

これはなかなか目からウロコの話だと思いますが、脇の下を脱毛した人は特に保湿にチカラを入れると良いでしょう。

 

 

ワキガ対策クリームの使い方は?

ワキガ対策クリームはどのように使うのが効果的でしょうか。

 

もちろん脇の下に塗って使うのが一般的ですが、一工夫することでより快適に使えるなら、ちょっと知っておきたいですね。

 

 

・まずは清潔に塗ること

まずは当然のことですが、ワキガクリームを塗る時には、脇の下を最大限、清潔な状態にしてから塗るのが鉄則です。一番良いのはやはり身体を洗った後なので、朝シャワーをさっと浴びた後にしっかり塗るのがベストですね。

 

ただし、水分はしっかり取り去っておくことが大事ですし、あまり長い時間シャワーを浴びるのもおすすめではありません。後から後から汗が出て来てなかなか引かないようでは、せっかくのクリームを塗ってもすぐに流れて落ちてしまいます。

 

また、一番困るのは外出先で塗り直す場合だと思いますが、おすすめなのはウェットシート状のワキ汗アイテムで最初にしっかり脇の下を拭き取ることです。

 

持ち運びに便利なシート状のワキ汗対策アイテムって、コンビニなどでも売っていますよね。

 

実際それだけではワキガ対策としては足りませんが、まずはそれでしっかり拭いてからワキガ対策クリームを塗ると、外出先でのケアとしてはベストです。

 

・なるべく衣類に着かないように

せっかくワキガクリームを塗っても、ほとんど衣類についてしまったというのは意味がありません。
塗る時にはしっかり浸透させることと、塗った後にある程度乾かす必要があります。

 

あまり時間が無い時には、軽くティッシュで押さえても良いでしょう。

 

衣類移りをしないようにするコツは、一気に大量に塗るのではなく、適量ずつ何回かに分けて脇の下に塗り込んだほうが効果的です。

 

・広い範囲に塗る

脇の下に塗るときに、脇の下のごく一部にだけ塗ったのでは効果が薄い場合があります。

 

アポクリン腺は真皮の下にありますが、ワキガ体質の人は1つの毛穴に50個くらいの汗腺があります。自分が思っているよりもちょっと広めの範囲に塗ったほうがより効果的です。

 

 

>>ワキガにもう悩みたくないならコレ!