脇脱毛はワキガ予防になる?

脇脱毛とワキガの関係についてはいろいろな話があります。

 

脇脱毛をしてからニオイが気になるようになったという人もいれば、ニオイの予防になるという人も。ワキガと脱毛は何か関係があるのでしょうか、専門の医師の意見を調べてみましょう。

 

・脱毛してからニオイが気になる?

ワキガの専門医によると、脇脱毛をしてから自分のワキのニオイが気になり出したと言って病院へ来る人はかなりいるそうです。

 

でも、実際には脱毛によってニオイが強くなるということはほとんどなく、気のせいのようですね。もしあるとすれば、脱毛の方法が適切でなく、毛穴が広がったりして皮脂や垢が溜まり、それが酸化した場合だそうです。

 

エステサロンなどで適切に脱毛したのであれば、まずそうした問題は起こらないでしょうし、自分で自己処理した時に肌を傷めてしまったことが原因かもしれません。

 

毛穴に皮脂が溜まっているようであればキレイに取り除くように処置しましょう。
エステや皮膚科でも良いですし、自分で皮脂を洗浄して化粧水などで引き締めるのも良いでしょう。

 

・脱毛すればニオイは消える?

反対に、脱毛することでニオイの原因を減らして軽減させることは出来ると言います。ワキのニオイを作るのは雑菌であり、雑菌は体毛の毛根の部分にたくさん繁殖する性質があるからです。

 

つまり、脇脱毛をするということは、雑菌の棲家を少なくしてしまうということです。

 

キレイに処理して毛穴も閉まれば、例え汗をかいても分解する雑菌が少なくなっているのでニオイが発生しにくくなるというわけです。

 

・ワキガが治るわけではない

脇脱毛でニオイ対策することは、ニオイが発生するメカニズムを減らすことで可能となります。

 

ただしこれはあくまでもニオイを抑制するためのことです。ワキガの原因はアポクリン腺ですから、脇脱毛が根本的な治療になるというわけではないことは認識しておきましょう。

 

ただ、少しでもニオイの発生を抑制するという意味では、かなり有効な方法と言えます。