ワキガ手術〜非直視下手術法

ワキガを治したいけれど、どうしても大掛かりな手術はしたくないという人が選ぶのが、非直視下手術法です。ただし、非直視下手術にはかなりデメリットも多いのが確か。

 

どういった手術なのかまとめてみましょう。

 

・機器に頼る方法

より早く、しかも傷跡を目立たなくさせたいという場合に行われるのが非直視下手術です。

 

ただし、非直視下という言葉からもわかるように手術する医師は患部を直接目視することは出来ません。機械に頼る方法なので、機械的方法という言い方をする場合もあります。

 

過去から現在までさまざまな方法が考案されて来ましたが、完全にアポクリン腺を取り切ることが出来ない方法などもあるため、今では行われていないものもあります。

 

以下、現在でも行われている代表的な非直視下手術法についてご紹介しましょう。

 

・皮下組織削除法

大きく切開することなく、1cm程度の切開部分から機器を入れ、アポクリン腺をかき出す方法です。機器はカミソリとローラーの組み合わせのようなものですが、表面から皮膚をローラーで押さえつけ、アポクリン腺をカミソリで組織ごと削ぎ落とすという方法です。

 

この方法の難しい点は熟練医師でなければ出来ないという点で、機械としては完成度が高いとは言われていますが、使いこなせる熟練医師を見つけることが困難です。

 

操作が難しく、あまり症例の無い医師が行うと皮膚に大きな傷を負わせたり、皮下神経組織が傷ついたりと言ったかなり怖いリスクがあります。

 

また、確実にアポクリン腺が除去できているかどうかの判断も皮膚の色から判断するというかなり熟練の判定が必要になるため、病院を選ぶ際の課題にもなります。

 

・皮下組織吸引法(超音波法)

1cm程度の穴を脇の下にあけて、そこから吸引器でアポクリン腺を吸い出すという方法です。

 

この方法の一番のネックはアポクリン腺が完全に除去出来ているかどうか判定が出来ないという点です。アポクリン腺は真皮層という固い層にがっちり腺根を密着させています。

 

切開してハサミで確実に切除するならまだしも、目視出来ない状況で吸い出すだけではかなり信頼性は低いのです。