エクリン腺とアポクリン腺について

ワキガの話で外せないのは、汗の種類です。
人間の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類があることはご存知でしょうか?

 

この2つ、同じ汗を出す腺にも関わらず、かなり大きな違いがあるのです。
それぞれの特徴についてまとめてみましょう。

 

・エクリン汗腺

エクリン腺、エクリン汗腺と言われますが、これが通常の体温調整のはたらきをする一般的な汗を出す腺です。人間の体温が上がり過ぎると生命に関わりますから、上昇しすぎるのを防ぐために汗をかく仕組みがエクリン腺です。

 

エクリン腺は全身のあらゆる部位に非常にたくさん存在していて、体温が上がると脳の指令を受けて発汗します。汗は蒸発する時に熱を奪うので、身体が涼しくなるわけです。

 

エクリン腺は、もちろん脇の下にもたくさんありますが、実はワキガとはあまり関係していません。

 

ただ、エクリン腺から分泌された汗でも、運動などで大量にかいたときや非常に暑いとき、疲れていたりストレスがあるときなどにかいたものには体内の鉄分がたくさん入っていて、それが後々衣類に黄ばみやシミを作ってしまう場合があります。

 

通常時の汗なら、成分のほとんどはただの水です。

 

・アポクリン腺

「フェロモンを出すための汗腺」とも言われるのがアポクリン腺です。
こちらは体温調整とはまったく関係のないシステ厶で、汗腺がある部位もかなり特定されています。

 

性的フェロモンを分泌するシステムなので、アポクリン腺から出る汗に含まれる成分を細菌が分解すると、かなり強烈なニオイを発することになります。

 

アポクリン腺は脇の下や乳首の周り、陰部や足などに集中していますが、非常に発達している人もいればほとんどない人もいます。

 

これは先天的な体質差ですが、ワキガに悩む人はアポクリン腺が非常に発達している人になります。アポクリン腺から出る汗にはリポフスチンという色素が含まれますので、そもそも汗が色素を持っています。衣類につくと洗ってもなかなか落とせませんから、まず汗が衣類に触れないようにする必要があります。