ワキガ手術〜ミラドライ

ワキガの治療でミラドライ治療というものがあります。
美容皮膚科などで行っていますが、どういった内容なのでしょうか。

 

・メスを使わないワキガ、多汗症治療

マイクロウェーブを照射することで、メスを使わないで高い効果を得ることが出来るマシンがミラドライです。電磁波で汗腺組織を破壊するので、汗そのものが出て来なくなります。

 

永久的な効果が得られ、傷跡の心配もないということで女性からも支持が高いようですね。

 

治療したその日から日常生活が送れるというのも、人気の理由となっています。
治療にかかる時間も1時間程度なので、仕事や勉強に支障が出ることもないでしょう。

 

・ミラドライのメカニズム

ミラドライは、5.8GHzのマイクロ波を肌に照射することで、汗腺を熱処理するという方法です。

 

ダメージを与えるのは一番汗腺が多い皮下2〜3mmの層で、そこにちょうど照射エネルギーが集約する設計になっています。

 

表皮が火傷をするような熱による影響があると問題なので、ハンドピースのヘッダー部分にはダメージを防ぐための冷却システムがついていて、皮膚を冷やしながら手術をすることが出来ます。

 

・ミラドライの流れ

まずはカウンセリングを行って、不明な点などをクリアにします。

 

マーキングシートを発汗する場所と毛のある場所に貼り、ミラドライを照射するエリアを決め、何箇所か局所麻酔を注射します。麻酔にアレルギーがある場合には行えない場合がありますし、他の疾患があったり妊娠中の人は受けられません。

 

1時間ほど照射すれば終了です。

 

・ミラドライの効果

1回の照射で汗がまったく出ないことは誰もが実感しています。
多汗症の人も、どんなに緊張しても走ってもほぼ汗はかかずに、脇の下はサラサラの状態です。

 

赤味が多少出ますが、2日程度で消えますし、腫れが出る人もいますが1週間程度で元の状態に戻ります。その間も日常生活にはなんら支障はないので、手術を受けたその日のうちに仕事をすることも可能です。