ワキガを予防する食べ物や食事は?

ワキガは体質なので、生まれ持ってしまったら変えることは出来ませんが、ワキガによって起こる問題を軽減させる方法はあります。

 

アポクリン腺は欧米型の食生活によってかなり発達することがわかっていますから、なるべく刺激しないような食事を選ぶことで活性化させない方法があります。また、女性ホルモンは汗を抑制するので、女性ホルモンと同じようなはたらきをする食べ物を選ぶのも良いでしょう。

 

・大豆イソフラボン

女性ホルモンと言えば大豆イソフラボンと言いますから、汗をかくようになって来る時期には冷たいお豆腐などは美味しくいただける良い食材です。

 

納豆や豆乳、湯葉、枝豆など、大豆をたくさん食べて汗対策をするのも良い方法です。

 

・野菜や魚介類

アポクリン腺には脂肪分が多いので、食事であまり脂肪分をたくさん摂ると汗の質がドロドロに変わってきます。流れる汗やすぐに蒸発する汗ではなく、いつまでも肌にネトネト残るような脂汗をかかないように注意しましょう。

 

運動することも大事ですが、食事の内容から脂肪分や糖分を減らすことで、サラサラとした汗をかけるようになります。

 

また、インスタント食品やファストフード、スナック類はベトベト汗を作る原因です。
肉類よりも魚介類を選ぶこと、野菜をたくさん食べることです。

 

・冷たいものばかり食べない!

汗をかく時期は冷たい食べ物を食べたい時期ではありますが、冷たいものは消化するときに内蔵に負担をかけるため、内蔵がフル回転して余計に体内の熱が上がることになります。

 

しかも体内に熱がこもってしまうので、いつまでたっても引かない汗が出続けてしまうことに。
逆説的ですが、汗をかかないようにするためには、適度に温かいものを食べることが大事です。

 

・調味料や香辛料を減らす

塩分の高いものや香辛料の多いものは、食べると汗腺を強く刺激しますので、汗を大量にかくのと同時に、ワキガの原因となるアポクリン腺も強く刺激してしまいます。

 

味の好みはありますが、ワキガ予防をするなら濃い味付けは避けましょう。