自宅でできるワキガ対策〜入浴や石鹸

ワキガを対策する場合、やはり一番高い効果を得られる場所はお風呂でしょう。どうせ毎日行う入浴ですから、そこでしっかり対策することで自宅でのワキガ対策は万全になります。

 

どんな方法があるのかまとめてみましょう。

 

・お酢風呂

聞いたことがある人もいると思いますが、お風呂にお酢を入れて入浴するとワキガ対策になると言われています。足のニオイ対策にお酢を薄めたお湯で足湯をするという方法も昔からよくありますが、雑菌を抑えて血行を良くし、ワキガ臭を抑えるためにはお酢風呂もおすすめです。

 

使うお酢は醸造酢や黒酢でOK。

 

お風呂のお湯180リットルくらいにコップ1杯180ccくらい、黒酢ならその半分以下でも大丈夫です。実は体内に一部クエン酸が吸収されて乳酸の生成が抑制されるので、筋肉疲労にも良く効く方法です。

 

運動して明日以降の筋肉痛が怖いなあという人は、同じくお酢風呂はおすすめです。
あまり長湯する必要はありませんが、出来れば継続して毎日入浴しましょう。

 

1週間もすると自分のニオイが変わったことに気がつくはずです。

 

・重曹風呂

ニオイ問題には重曹がちょくちょく登場しますね。

 

弱アルカリ性の物質なので、石けん同様皮脂の雑菌を抑えるはたらきがあり、肌から出る酸性のニオイを中和することも出来ます。風呂桶1杯に一握りくらいの重曹を溶かすだけで普通に入浴すれば、そのうちに体臭が薄まって来るでしょう。

 

重曹は食用のものをスーパーなどで購入すれば安くて安全なので、直接ワキに付けて洗って効果的です。粒子が細かいのでスクラブ洗浄しているような感覚もあり、軽く洗うだけでかなりスッキリします。

 

・体臭予防石けん

最近は加齢臭など、ニオイに関して気にする人が増えて来ているので、ニオイに強い石けんもたくさん販売されています。

 

その中から気に入ったものを選んで使うのも良い方法ですね。

 

有名なのは柿渋エキスが入った石けんなどですが、その他にも漢方にも通じるような薬草の入った石けんもたくさんあります。