自宅でできるワキガ対策〜生活習慣の改善

ワキガ体質は治せなくても、ワキガで起こるニオイの対策は出来る限りしておきたい。
そんな人のために、自宅で出来るワキガ対策についてまとめておきましょう。

 

まずは生活習慣についてです。

 

・運動は不足もし過ぎもNG

適度に運動をするのはキレイな汗をかくという意味では大事なことです。でも、残念ながら汗に関してはみなさんもご想像の通り、運動するとよけいにかいてしまうものですよね。

 

ワキガ体質の人がかくニオイの強い汗は体温調整のための汗ではありませんが、ニオイの元になる汗を体温調整のためにかいた汗が余計にまわりじゅうに広めてしまうのもニオイの原因になります。

 

運動をしたらすぐにシャワーをあびるか、冷たい塗れタオルなどで汗を拭き取るようにして、いつまでもかいたままにしておかないことが大事。

 

また、あまりにもハードなトレーニングをすると体温調整のための汗にもアンモニアや鉄分が混ざり、強いニオイが出る場合があります。

 

・睡眠不足はNG

実は睡眠時間が短かったり、寝る時間がバラバラだったりすると、自律神経がバランスを崩して大量の汗が出ることになります。自分では寝ているつもりで深く眠れていない人も同じことで、睡眠の質が悪いと自律神経が乱れてしまいます。

 

人間は寝ている間にたくさんの汗をかきますし、汗と睡眠とは深い関係があるのです。

 

ワキガ対策にも、睡眠のバランスを見直しましょう。また、朝起きた時には体中ニオイの元となる汗や皮脂だらけですから、ワキガ対策にはやはりシャワーをさっと浴びるのが一番ですね。

 

・浅い呼吸はNG

実は人間は無意識でも、緊張状態の時には早くて浅い呼吸になっています。

 

ストレスを感じている時、まるでマラソンの最中のような呼吸になっている人はたくさんいますし、逆に重量物を持ち上げる時のようにほとんど息をしていない人もたくさんいます。

 

どちらも筋肉がフル稼動状態になって血管が拡張するので、そんな状態ではたくさん汗をかくのです。ワキガ汗をコントロールしたい場合は、呼吸のコントロールも大事です。