自宅でできるワキガ対策〜食生活の改善

ワキガ体質の人がやってはいけない食生活、目指すべき食生活についてまとめておきましょう。

 

・欧米型はまずNG

日本人が最近ワキガ対策だったり、ワキガでなくても強い体臭を出すようになったのは、食生活が欧米型になったからだと指摘する専門医はたくさんいます。血液の中に動物性蛋白質や脂質がたくさん流れていれば、当然汗として表面に出て来るものの成分も変わります。

 

毛穴の中に棲んでいる雑菌にとってはそんな栄養過多な食事は願ってもないこと。
どんどん繁殖してどんどん分解してどんどん強いニオイを発してしまうでしょう。

 

食事でワキガ対策をするなら、まずシンプルな和食の生活にすることです。
肉や脂、乳製品は控えましょう。

 

また、バターや卵をたくさん使った甘い焼き菓子やケーキ、生クリーム、アイスクリーム、アルコール、スナック菓子などをたくさん食べる生活は絶対にNGです。

 

・緑黄色野菜や海草類を

汗の質を変えるためには、すぐに蒸発してくれる水分の多い汗をかきましょう。

 

それには緑黄色野菜や魚介類が一番です。緑黄色野菜にはカリウムなどのミネラルが多いので、体内の捨てたい成分を早く外に出してくれるデトックス効果があります。

 

汗や体臭は体内から出て来るものですから、体内に老廃物や腐敗したものが残っていない状態を作るのが一番です。海草類には水溶性食物繊維が多いですから、お通じを楽にしてくれます。

 

腸内がキレイなら自分から出て来る水分もキレイになれますよ。

 

・温かいものを食べる

内蔵に負担がかかるとそれだけ体温が上がって、汗もかきやすいですしいつまでもダラダラと続く汗になってしまいます。実は冷たい食べ物を食べると一度胃の中で温度を上げなければいけなくなり、そのために体温をかなり上昇させなければいけなくなります。

 

アイスクリームを夏場たくさん食べた人は、食べる前より体温が1℃以上上昇することをご存知でしょうか?自分の体温を下げたいなら、温かいものを食べるのが一番です。