ワキガ体質のチェック方法

ワキガは大きな悩みです。でも、自分がワキガかどうかをどうやって知るかということも、また大きな悩みです。というのも、ワキガのニオイは自分ではまったく気付くことが出来ないと言われている上に、他の人が「あなたワキガですよ」と指摘してくれることはまずないからです。

 

本当は本人としては言って欲しいことかもしれませんが、ニオイの問題はかなりプライバシーに関わることですから、かなり親しい間柄であってもなかなか伝えることは出来ません。

 

そんなワキガ、何より自分が最初に気付きたいですよね。どうすればワキガ体質かどうかをセルフチェックすることが出来るか、方法についてまとめてみましょう。

 

・耳垢チェック

自分の耳垢をチェックしてみたことはありますか?

 

実は耳垢にはパサパサに乾燥した粉状のものと、湿って粘り気の強い飴状のものとが存在します。この違いだけでワキガかどうかを決め打ちすることは出来ませんが、ワキガ体質の人は湿った耳垢であることが圧倒的に多いです。

 

なぜなら耳の中にはワキガの原因であるアポクリン腺が多く存在しているので、それが発達して耳垢が湿っているということは、脇の下のアポクリン腺も同じく発達していると考えられるからです。

 

また、耳の中に生える体毛が太かったり多かったりする場合にも、アポクリン腺が発達していることが多いです。

 

・洋服の黄ばみチェック

脇の下にアポクリン腺が多い場合、脇の下に黄色い色素がついて黄ばむことが多いです。

 

エクリン腺から出る汗も、運動などで激しく汗をかいた場合にはシミを作る場合があるので一概には言えませんが、衣類のほとんどに脇の下の黄ばみが出来ているような場合には、ワキガを疑ったほうが良いでしょう。

 

・ワキ毛のチェック

ワキ毛が濃いからワキガだと言い切ることは出来ませんが、体毛が発達している場合にはワキガ体質の場合が多いです。また、ワキ毛に白い粉状のものがついている場合には、アポクリン腺から分泌物の結晶なので、ワキガである可能性が高いでしょう。