ワキガって人に移る事はある?

ワキガについては都市伝説のような話もあり、どの話が本当でどの話が真っ赤なウソなのかが本当にわかりにくくなっています。

 

デリケートな問題なので、あまり公になっていないことも良くないですね。例えばワキガは人に移ることがあるのかどうかなど、みんなが気にしている部分についてまとめてみましょう。

 

・ワキガは絶対うつらない

ワキガがインフルエンザのように、人から人へうつるようなことは絶対にありません。

 

ワキガは生まれついての体質であり、親から子へ、親族から親族へ遺伝的に受け継がれる可能性はあっても、いわゆる人から人へうつるというようなことはないのです。

 

だから、ワキガの恋人と付き合っても、自分がワキガでないならワキガがうつるというようなことはありません。それでもワキガがうつるという都市伝説は、いつになっても消えないですね。

 

・衣服にニオイがつくことはある

ワキガが人から人へうつるという噂が絶えないのは、ワキガの人に衣類を貸した、またはワキガの人の衣類を借りたといったような場合に、衣類にニオイがうつったり、衣類からのニオイが気になったりすることが発端になっているのでしょう。

 

ワキガの人のアポクリン腺から分泌された汗が付着した衣類なりタオルなりには、特定の細菌が付着していてニオイを発している場合もあります。

 

アポクリン腺から分泌された汗にはタンパク質や脂質の他、ニオイの成分がたくさん含まれていますので、それを細菌が分解するとニオイを発することになります。

 

また、そこにいた細菌自体もワキガの人への接触によって一時的に肌に移動することはありますが、移動した先の人をワキガ体質に変えてしまうようなチカラはありません。

 

そもそもその細菌も特別なものではなく、人間の肌には常在しているごくありふれた菌です。

 

タバコを吸っている人に接触するとタバコを吸わない人も自分がタバコ臭くなりますが、そこから一生タバコのニオイを発する身体にはなりませんよね。